競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    

シルクロードS(G3)の最終追い切りを考察しました。

抜群の動きを披露したのは!出走馬の最終追い切りランクキングを紹介します!


マッドクール 最終追い切り評価【S】

栗東坂路 4F 53.8-38.2-24.4-12.1 単走 馬なり

中6週となるが中間も併用で良く乗られ、最終は坂路単走で追われた。
フラフラした走りで幼さも残るが、終始馬なりで好時計をマークした。余裕ある内容ながらラスト2Fの時計は素晴らしく、ポテンシャルの高さを感じさせる。大きな上積みは感じないが、好状態をキープできていて仕上がりは上々である。
未勝利から4連勝で重賞戦線まで上ってきた快速馬である。前走は控える競馬でも結果を残し、1200mでは好内容のレースを続けている。同世代の人気馬とは斤量面で恩恵があり、本番に向けて形成逆転の可能性も十分ありそうだ。


キルロード 最終追い切り評価【S】

美浦南W 5F 66.7-51.8-37.9-11.8 併せ馬 併入 馬なり

2カ月ぶりの中間は併用で十分に乗られている。最終も馬なりながら併せ馬で好時計をマークした。
スムーズな走りで直線に向くと、先行していた相手に内から並びかけ、促されて反応良く併入した。体重の軽い江田勇騎手が跨っていたが、全体時計やラストのキレも良く衰えは全く感じさせない。前走激走時のデキと遜色ない仕上がりで挑めそうだ。
昨年の高松宮記念で3着となり大波乱を演出するなど、短距離戦では好勝負を続けている。明けて8歳となったが、中間の動きも良くまだまだ好勝負できる期待は大きい。重たい馬場や中京コースは得意で一発の魅力は十分にある。


シャインガーネット 最終追い切り評価【A】

美浦坂路 4F 51.5-38.0-24.9-12.3 併せ馬 併入 馬なり

2カ月ぶりの中間は併用で十分に乗られ、最終は坂路で馬なりながら併せ馬で好時計をマークした。
大きく追走しラストは馬体を併せてフィニッシュした。道中の走りが良く、促されての反応も上々である。全体時計も速く動きは良く映る。大きな上積みは感じないが、仕上がりは及第点で一連の状態をキープしている。
左回りを得意としているが、前走は中山コースでも2着に好走した。中京コースはファルコンS勝ちや、昨年の当レースも2着になるなど相性は良い。重たくなっている馬場に課題はあるが、斤量面は有利でラストランでも好勝負が可能である。


トウシンマカオ 最終追い切り評価【A】

美浦南W 5F 68.0-53.6-39.0-12.3 併せ馬 併入 馬なり

2カ月ぶりの中間は併用で良く乗られ、最終はウッドコース併せ馬で追われた。
1週前に負荷を掛けており、最終は流す程度の内容であった。時計面で目立つものはないが、動き自体は及第点の仕上がりに映る。直線を向いたところで内に刺さり気味になった点は気になるが、脚捌きは軽く上々の仕上がりにある。
2・3歳時はマイルGⅠを目指しマイル路線を歩んだが、1200m戦に絞ってからは素晴らしいパフォーマンスを続けている。馬格があまりなく58.5キロは不安であるが、高松宮記念に向けて恥ずかしいレースは出来ない。同世代を退け短距離界の主役に躍り出たい。


テイエムスパーダ 最終追い切り評価【A】

栗東坂路 4F 52.4-37.6-24.5-12.2 単走 馬なり

2カ月ぶり中間は十分に乗られ、先週までに2週続けて意欲的に追われている。最終は馬なりだが好時計をマークした。
坂路で動く馬であるが最終追い切りも良い動きを披露している。先週までにしっかり時計を出しており、余裕残しの登坂であったが、全体時計が良くラストも加速ラップでフィニッシュした。大きな上積みこそないが、良い状態でレースに挑めそうだ。
小倉1200m戦でレコードを出すなどスピードに特化したタイプと思われがちだが、追い切りではパワーも感じさせ荒れた馬場にも対応可能だろう。斤量は重くなるが、スタートを決めれば先手が奪えそうなメンバー構成で、上位に踏ん張れる可能性を秘める。


ナムラクレア 最終追い切り評価【A】

栗東坂路 4F 51.7-37.2-24.3-12.4 単走 強め

4カ月の間隔が空いたが中間は併用で意欲的に調整され、最終も終い強めに追われた。
相変わらず坂路で動く馬であるが、過去との比較ではやや物足りない印象であった。重たい馬場でも時計が速くパワーも感じさせるが、ラストの勢いは絶好調時には至っていない雰囲気である。本番前の一戦でもあり多少割引が必要な現状である。
牝馬ながら現状の短距離界てはトップグループを形成する1頭である。スプリンターズSはコース取りの差で敗れたが、力は示せた一戦であった。久しぶりの左回りや56.5キロに課題があり、人気に応えられるかは疑問である。地力でどこまでカバー出来るか注目したい。


ウインマーベル 最終追い切り評価【A】

美浦南W 5F 69.5-54.0-38.8-12.0 併せ馬 併入 馬なり

4カ月ぶりの中間は併用で良く乗られ、順調に仕上がりが進んでいる。最終はウッド併せ馬で追われた。
大きく先行した僚馬にコーナーワークで内に併せたが、直線では手応えで見劣りやや物足りない動きに映る。全体時計やラストのキレも目立たず、絶好調には及ばない仕上がりである。GⅠに向けて余裕残しの状態と見て良さそうだ。
短距離戦では底を見せておらず古馬混合戦でも実績を残している。スプリンターズS2着で注目される存在であるが、59キロと余裕残しの仕上げで人気程の信頼は置けないか。地力でどこまでカバーできるか注目したい。


グルーヴィット 最終追い切り評価【A】

栗東坂路 4F 54.0-39.0-25.3-12.5 単走 一杯

中5週になるが坂路で意欲的に調整されている。最終も坂路で一杯に追われた。
前進気勢がありながら折り合いスムーズに登坂した。馬場が重く時計は目立たないが、追われてしっかり加速ラップでフィニッシュした。意欲的な調整がされ状態は維持しているが、大きな上積みは感じさせない。
マイル重賞を制しているが、短距離重賞ではややパンチ力に欠ける印象である。勢いのある4歳馬との比較で斤量面の恩恵もなく、厳しい戦いになりそうだ。重たい馬場と鞍上の強気なコース取りに活路を見い出したい。



「G2・AJCC」絶対的軸馬公開中!

リアルタイムアクセス
集中サイト


最強競馬ブログランキングへ

PAGE TOP