競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    
  • フライライクバード(牡5歳)
  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:シングライクバード
  • 母父:シンボリクリスエス
  • 近親馬:シングウィズジョイ・シングフォーユー
  • 調教師:友道康夫(栗東)
  • 獲得賞金:8182万円(中央競馬)
  • 通算成績:13戦4勝 [4-3-2-4]
  • 主な勝鞍:21'ムーンライトHC(3勝クラス)

″伝統のハンデGⅡ『日経新春杯』″

今週は69回目となる伝統のGⅡ日経新春杯が行われる。

明け4歳馬と歴戦の古馬がぶつかり合い、ハンデ重賞という事で能力比較が難しく、馬券的にも面白い一戦だ。

今後GⅠ舞台で飛躍する馬が現れるのか…春以降のGⅠ勢力図にも影響しそうな興味深い戦いになるであろう。

″順調さと適条件に戻って期待!″

実績的にはステラヴェローチェが抜けている存在で、明け4歳馬が人気の中心であるが、フライライクバードに期待したい!

確かに明け4歳馬は強敵になるが、ステラヴェローチェは大一番後の中2週で目標レースとは言えず、ヨーホーレイクは早熟血統で半年以上の休養明けと信頼感に乏しい。

フライライクバードは中京2200メートルを2-1-0-0とパーフェクトな実績があり、ハンデも据え置きの55キロ、ある程度の位置に付け速い上がりが使える馬で、パワーもあるので現在の馬場状態にもマッチするであろう。

また鞍上に、重賞未勝利の岩田望来から武豊を起用して来た事にも勝負気配が漂う。

″距離短縮で全能力発揮!″

前走アルゼンチン共和国杯では距離延長の2500m戦で多少折り合いを欠いていた。直線絶好の手応えであったが勝ち切れなかったのは、前半の力みが影響したものと思える。

常に安定した力を発揮していて掲示板を外したのは13戦中2回と堅実だが、その2回は3歳春に関東への初遠征だった青葉賞と、1000mの距離延長てあった松籟ステークスだけである。ただ勝ち味に遅いのも事実だが…

今回は関東への遠征+折り合いを欠いた距離延長の前走から、輸送の短い得意の中京コース+距離短縮戦!能力全開の条件が揃っている。

重賞実績は前走のアルゼンチン共和国杯3着のみだが、結果の出ていなかった長距離輸送戦で結果を残せた事を評価したい。実績は劣るものの、ハンデ差もあり好走の可能性に賭けてみる。

正直まだ成長段階で、勝ち味に遅い面があり、勝つ!とは言い切れないが馬券的に軸という意味での推奨馬としたい。

リアルタイムアクセス
集中サイト

PAGE TOP