競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    
■シルクロードステークス 回顧
高松宮記念のステップレース!GⅢシルクロードステークスが行われ、2番人気ナムラクレアが勝利した!
GⅠ高松宮記念へ向けた前哨戦となるシルクロードステークスは、今年も中京競馬場での開催となり、目標レースと同舞台とあって大注目の一戦となった。
雪の影響も心配された中京コースで、先週の時点で荒れていた馬場での戦いが予測されていたが、ローラー掛けの効果か前日から高速決着が続き、仮柵を設置したBコース替わりでもあり、先行馬や内を通った馬の活躍が顕著であった。
シルクロードステークスも1分7秒3の好時計決着となり、スピードが要求される戦いに変貌していたと言って良い。
レースラップも前半33.8秒で後半33.5秒、2F目から10.8-11.1秒を推移する超高速ラップで枠順や展開が勝負に大きく影響するものとなった。
勝利したナムラクレアは2番枠からロスのない競馬で、直線では2頭の間を割る根性も見せ、明け4歳牝馬にとって過酷な斤量56.5キロを克服して重賞3勝目となる見事な勝利を飾った。
昨年GⅠで惜しいレースはするものの初制覇には届かなかった事から、中間はウッド調教も取り入れ、もう一段上を目指す試みがなされていた。陣営にとっては大きな勝利となり、高松宮記念へ向けて大きな一歩と言える結果である。
7歳となったファストフォースが2着に好走し波乱を演出した。高速決着と展開が味方したとはいえ、あわやのシーンを作った古豪はまだまだ健在をアピールした一戦となった。
3着のマッドクールは重賞初挑戦ながら1番人気に推されていた。前走控える競馬で結果を残していたが、スタートが素晴らしく逃げの手に出てしまった。超高速ラップを刻み直線では加速する場面も見せた点は好内容と言えるだろう。控える競馬で戦って欲しかったとは思うが、能力の片鱗は十分感じさせる逃走であった。
上位人気に推されたウインマーベルやトウシンマカオは、斤量面の不利に加え、外枠が大きなマイナスとなってしまった。上位に差は付けられたが、ともに本番への賞金は十分であり人気落ちのGⅠで巻き返しに期待したい。
競馬リポートでは
・本命馬
・追い切り調教診断推奨馬
の2つを公開していたのでしっかりとこの2つのコンテンツについてレース終了後の回顧を行いたいと思います。
■推奨本命馬について
本命に推奨したトウシンマカオは4着に敗れた。敗因は明確であり力負けの印象はないが、残念な結果となってしまった。
・不安材料克服ならず!
高松宮記念のステップレースという事で、中間の調整は余裕残しであったのは間違いない。成長分を見込んでも+12キロの馬体はやや仕上がり途上を思わせていた。
本番と同舞台での試走を第一目的とした走りは悪くなかったが、3番人気に推されての4着はやや物足りないものではあった。斤量58.5キロでキレを削がれたのもあるが、外からの差しが不利な馬場状態ではやむを得なかったか。
また大きなマイナスとなったのは15番枠という枠順にある。課題を抱えたうえに枠順の不利は厳しいものであった。
先週までの馬場ならば問題なかったが、高速馬場に一変した中京コースでは仕方ないだろう。
・前哨戦らしい無理のないレース運び!
スタートは早い馬でなく、中団後方からいつも通りのレース運びであった。高速ラップにも楽な手応えで追走し、外々のロスはありながら鞍上も理想の位置取りであっただろう。
誤算であったのは3コーナである。直線まで脚を溜め外に出してスパートしたかったが、ウインマーベルが外から進出を開始し包まれる形となった。
動きたい所で動けずに、直線でも馬場の真ん中に突っ込む形となってしまう。上り上位の脚は使っているが、前を行く馬達に速い上がりを使われては届かなくて当然であった。
本番レースであればウインマーベルの上昇に合わせて動いていただろう。仕上がり途上であったため、次走にダメージを残さないレースを心掛けた結果と言える。
明け4歳馬にとっての酷斤量に加え、外枠が不利な高速馬場や仕上がり途上の現状で安全策騎乗であったが、4着なら悲観材料とはならない。本番では差し馬も五分に戦える馬場状態に戻り、舞台設定はプラスに働く。
力量で劣ることはなく、叩かれた上積みは十分見込める。さらに相手強化となる高松宮記念だが、斤量も軽くなり舞台設定が良くなるのは間違いない。人気面でも妙味となる高松宮記念での逆襲に期待したい。
■調教診断からの推奨馬について
最終追い切り最上位評価をしたマッドクールは3着に終わった。
レース同様に追い切りでも素晴らしいスピードを見せ短距離重賞でも上位のポテンシャルは見せていた。最終追い切りではラスト2F高速加速ラップで登坂していたので、前走同様控える競馬を期待したが、二の脚が速すぎて先手を奪ってしまった。
超ハイラップを刻んで粘り込みを計ったが、ラストは2頭に競り負けて3着と惜しい結果であった。獲得賞金的に高松宮記念出走は厳しくなったが、まだキャリアが浅く伸びしろは十分にあり、今後の短距離重賞の活躍は間違いない。
もう1頭のS評価であったキルロードは12着に惨敗したが、敗因は超高速馬場に尽きるだろう。
パワー型の短距離馬で低速決着となった際に大きく変わり身を見せるタイプであり、超高速馬場では出番がなかった。8歳になったが追い切りでは重たい馬場も苦にせず良い動きをしていて、まだ見限れない存在である。本番で馬場悪化となれば反撃は可能である。
 
ナムラクレアの強さを再認識したシルクロードステークスであったが、ウッドを取り入れた中間の調整にはまだ完調の雰囲気はなかった。珍しくラスト減速ラップであった追い切りからも、叩かれた次走での上積みは間違いないだろう。
勝ち馬を含め斤量面が不利であった4歳馬達は、それなりの走りを見せた前哨戦であったと言える。次走の高松宮記念では斤量が軽くなり、状態の上積みにも期待できる。ナムラクレア初GⅠ制覇の期待は大きいが、敗れた4歳馬の反撃も十分に有り得そうだ。
 
今週は好メンバーが揃うマイル重賞の東京新聞杯を取り上げます。春のGⅠに向け賞金加算したい重賞好走馬が多く出走を予定しています。多頭数のマイル戦で混戦必至となる注目の一戦です。
今週も注目の1頭と追切診断を参考にしていただけたら幸いです。

東京新聞杯穴馬情報公開中

リアルタイムアクセス
集中サイト


最強競馬ブログランキングへ

PAGE TOP