競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    
■神戸新聞杯 回顧
菊花賞トライアル!GⅡ神戸新聞杯が行われ、5番人気ジャスティンパレスが勝利した!
クラシック3冠最後のレースとなる菊花賞の出走権を賭けた注目の一戦は、春2冠出走馬のジャスティンパレスに軍配が上がった。
前半は緩んだ流れで後半1000mからラップが上がり、4コーナー手前から11.6-11.4-11.2秒と速い上がりが要求された。勝ったジャスティンパレスはスムーズに先団で折り合い、直線早めに抜け出しての完勝であった。
トライアルである神戸新聞杯は、賞金が足りない馬達にとって最後のチャンスとなる。勝利したジャスティンパレスは、2歳暮れのホープフルステークスで2着となり、素質を評価されていたが、春2冠は体調が思わしくなく結果を残せなかった。
今回は中間の気配が良く、最終追い切りでも高評価をしたが、立て直した効果は大きかった。スタートセンスの良い鮫島駿騎手へのチェンジも勝利の要因となっている。間隔が詰まる本番でも体調さえ維持出来れば、春2冠以上の走りが出来るだろう。
2・3着には賞金的に菊花賞出走がラストチャンスとなる2頭が突っ込み、出走権奪取に成功した。後方勢には厳しい展開であったが、内と外から末脚を伸ばしレース内容は価値あるものであった。
今年の菊花賞は春2冠の上位馬達が別路線を歩む事となり、主役不在の3冠目でクラシック制覇の色気を持った陣営が、菊花賞出走を目指し出走権争いが熾烈になっている。
先週のセントライト記念に続き、菊花賞でも十分に戦える上り馬が権利を取り、ラスト1冠の混戦状態に拍車がかかったと言って良いだろう。一叩きされた春2冠の実績馬も状態アップが期待でき、熱戦が繰り広げられるのは間違いない。
競馬リポートでは
・本命馬
・追い切り調教診断推奨馬
の2つを公開していたのでしっかりとこの2つのコンテンツについてレース終了後の回顧を行いたいと思います。
■推奨本命馬について
本命に推奨したボルドグフーシュは4番人気ながら3着に好走し、大目標であった菊花賞の出走権奪取に成功した。
・厳しい展開でも目立った末脚!
後方から長く脚を使い、高いパフォーマンスを発揮していたが、今回の2番枠は有利と言えないものである。外から早めのスパートで良さが出る馬で、外に出すタイミングが好走への課題と思われた。
初騎乗となる吉田隼騎手は、小回りコースで良績を残すコース取り巧者であり、3コーナー過ぎから外に出す絶妙の騎乗を見せたが、残り800mから11.6-11.4-11.2秒とペースが上がり、大外を追い上げたボルドグフーシュには厳しい流れであったのは間違いない。
早めに抜け出したジャスティンパレスと、内々からゴール前で馬群をこじ開けたヤマニンゼストには及ばなかったが、外から伸びたのはボルドグフーシュのみで、レース内容は素晴らしいものであった。
・本番での期待と課題!
好内容で菊花賞への出走権を取り、鞍上の吉田隼騎手も手応えを掴んだだろう。権利取りという課題をクリアし、本番では継続騎乗でさらにこの馬の特性を活かしてくれるはずだ。
折り合いに不安がなく、後方からロングスパートが最大の武器であり、距離延長に不安は全くない。他馬に3000mの不安がある分、長距離戦は有利に働き阪神コースの急坂も味方になるだろう。
過去走からも高いパフォーマンスを続けているが、やや反応面に課題があり、瞬時の加速が欲しい現状だ。一瞬の加速力がない分、距離は長いほうが持ち味が出そうだが、超スローペースで直線だけの上り勝負になった際に不安が残る。
今回は上り勝負でも対応したが、相手強化となると先行馬も止まらないだろう。上位争いは出来るが、突き抜けるにはGⅠ制覇に色気を持った各馬が、早めの仕掛けで動き、直線での差し比べが理想となる。展開面で多少の恩恵が必要となる。
 
不利な展開でも高いパフォーマンスを見せ、何とか菊花賞への出走権を奪取した。大目標の出走権を獲得し、陣営の士気も上がるだろう。ペースに関係なく確実に使える末脚は、菊花賞でも十分勝負になる。継続騎乗と状態面での上積みを願い、GⅠの舞台での躍進に期待したい。
■調教診断からの推奨馬について
最終追い切り最上位評価をしたパラレルヴィジョンは7着に敗れた。
中間の動きは良かったが、デビュー前から強い負荷をかけた調整がされておらず、まだまだ成長途上であったようだ。初の遠征競馬と多頭数競馬で、キャリアの浅さを露呈した結果となってしまった。
スタートで後手を踏み、他馬を気にした走りで前進気勢が足りず、結果は出なかったが、追い切りで見せる動きは素質を感じさせる。今後の成長に期待したい馬である。
最終追い切り上位評価したジャスティンパレスが勝利した。立て直された効果で、中間は春以上の状態であったのは間違いない。高い能力を持ちスムーズなレースが出来れば、このくらいのパフォーマンスをして不思議ではないが、、強い内容で3馬身半差の快勝は成長を感じるものである。距離延長はプラスではないが、状態を維持して本番を迎えたい。
上位人気に推されたプラダリア、ヴェローナシチーはまだ仕上がり途上であり、最終追い切りの動きは褒められたものでなく、能力全開とはならなかった。レースでも重たい走りで敗れたが、本番では状態が上がってくるだろう。今後の巻き返しに注目したい。
 
今週は秋のGⅠ開幕戦スプリンターズステークス!最有力候補のメイケイエールが悲願のGⅠ制覇となるのか!伏兵が待ったをかけるのか!大注目の一戦です。
今週も注目の1頭と追切診断を参考にしていただけたら幸いです。

リアルタイムアクセス
集中サイト

PAGE TOP